ウェストを引き締めたいときは

ウェストを引き締めたいときは

テレビなどで、加圧トレーニングを行っている人を見ると、血流の流れを制限する部分は腕や太ももが多いように感じます。

ということは、この方法は腕や太ももに筋肉をつける、腕や太もものシェイプアップを図るためにしか使えないのでしょうか。

実は、そういったことはないようです。

加圧トレーニングによって分泌を促された成長ホルモンは、血液に乗って全身に送られるようです。

そして、その成長ホルモンがよく作用するのは、運動してより強い負荷を与えられた部分のようですから、たとえばウェストを引き締めたい、お腹を鍛えたいと考えている人は、トレーニングの前に腹筋をするなどしてお腹に負荷をかけておくと効果を見込むことができます。

つまり、ほかの運動と組み合わせながら加圧トレーニングを行うことで、よりさまざまな効果を期待することができるわけです。

部分痩せを考えている人にも、この方法はオススメできると思います。

あとは、毎日続けていくことですから、理想の体型を目指して頑張るとよいでしょう。

加圧トレーニングで血行促進

テレビや雑誌などでときどき見かける加圧トレーニングですが、ダイエットや筋トレ目的以外にも、どういった効果があるのでしょうか。

そもそもこの方法は、ベルトなどで血液の流れをわざと制限することで、激しい運動を長時間行ったときと同じような筋肉の状態を作り出すものです。

トレーニングの時間短縮にもなりますし、特別な器具も必要なく、一度方法を覚えたら自宅で行うことも可能なようです。

この、ベルトを締めたり外したり、つまり加圧をしたり除圧をしたりということを繰り返すと、血管の弾力性がアップします。

すると、血の流れがよくなるので、新陳代謝がアップするというのです。

加圧トレーニングについて

血の流れが悪くて悩んでいる人は、たとえば冷え性や、肩こりなどに悩まされていると思いますが、こういった悩みを解決するためには血の流れをよくする必要があります。

そこで、加圧トレーニングを利用すれば、血行をよくすることができるので、冷え性などが改善されていくというわけです。

ダイエットや筋トレ以外にも、こういった体質改善に一役買うようですね。